"和酒”を知る、日本を知る、 和酒とおもてなしの極意を愉しむ夕べ 2

  • 2017.07.03 Monday
  • 10:03

輝和美倶楽部主催の"和酒”を知る、日本を知る、
和酒とおもてなしの極意を愉しむ夕べ

が開催されました。
ここでの和酒とは、日本酒、日本ワイン、
日本ウイスキー、日本の焼酎の4種類
全4回コースの最初は日本酒です
日本食文化の中心、「米」が原料の日本酒は、
2000年の歴史の中で進化し続けている醸造酒。
日本酒を知ると日本を知れるのです

講師は、ソムリエ/トータル飲料コンサルタントの
友田晶子さん。
プロ中のプロから直接学べるのが、
輝和美倶楽部の魅力の一つ。

講座の前半では日本酒について学び、
4種類の日本酒をテイスティング。
(詳細はこちら)
続いて料理とのペアリングを楽しみます

P6171204

日本酒はそのままでもおいしく、
どの料理にも合わせやすいけれど、
特に相性の良い組み合わせがあります。

P6171260

相性が良くなる理由の主なものは…
同じような風味を持つもの同士を合わせ、
 同調(相乗効果)させる
個性の違うもの同士を合わせ、
 新しい風味を生み出す
 ワインで言うマリアージュ
  日本にはなかった概念
酒が料理の味わいを引き立てる
 逆に料理が酒の味わいを引き立てる
脂を流す、臭みを消す、清涼感を求める

色々ありますが、そんなことは深く考えずに、
ただ酔うことを楽しむために日本人は
お酒を飲んできたのと友田さん。
過去の数々の飲み会を思い出し、
妙に納得

先附4種が、テイスティングした
醇酒、爽酒、熟酒、薫酒に
合う食材や味付けになっています。

P6171175

え、日本酒に黒糖饅頭

P6171209

テイスティングではクセが強いと感じる方が
多かった薫酒は、コクのある甘さの黒糖饅頭と
合わせることで全く違った味わいになるんですね

ペアリングで味の変化を確認した後は、
好きなお酒を追加注文してフリータイム

P6171215

各席を回って気さくに会話する友田さん、
ちょっと聞きづらいような質問にも
バンバン答えてくれる

P6171239

旬を取り入れた目にも鮮やかな料理、
お酒、そして場の雰囲気や会話を堪能する…
何て大人な時間なんでしょう

P6171232

こういうことが自然にできると、
「嗜む」という表現がしっくりくるんだなぁと
参加者の方々を拝見して感じました。

プロ中のプロの友田さんに、好みを言って
次に飲むお酒を相談できる機会って
そうそうないですよね
でも輝和美倶楽部ではそれができちゃうんです。

P6171228

明るかった空がすっかり暗くなっても、
会場の盛り上がりは絶えることなく、
上品にほぐれた、心地の良い時間が流れていきました。

P6171265

やっぱりお酒の力って素晴らしい

P6171199


最後に会場のご紹介。大森駅徒歩すぐの
HOTEL BAR グランティオス別邸です。 

P6171125

ホテルですが和の雰囲気の外観。

2

ロビーに足を踏み入れると…

1

囲炉裏
ちゃんと火がつきます

実は福島県郡山市にある旅館、
よもぎ埜がルーツなんです。
茶道の心がおもてなしの基本という理念で
運営されている旅館のサービスが、
ビジネスホテルで受けられる、
和モダンホテルです

5

輝和美倶楽部の提携ホテルになっており、
会員の方は特別価格で宿泊可能。
とっても素敵だったので、
講座が始まる前に思わず空室検索を
してしまいましたが、満室の日が続出…

講座が行われた和とBar 月の小路は、
フロントを通ってエレベーターか、
入リ口脇の小道を通って
(ここがまた素敵)会談で2階へ。

P6171126

和の基本は崩さずにモダンを
取り入れるとはこういう事か〜

3

何事もまずは基本をしっかり押さえるのが大事で、
それが遠回りに思えても結局上達や成長への
近道だよなぁと子供たちと接していて
感じることがあります。
私は日本人だからもっと日本を学び、
それを伝えていかなければ
若い時から海外が好きでバックパッカー。
大学ではアラブについて学びましたが
見事に挫折したのは、
日本人として押さえておくべきことに
全く無関心だったからなんだろうなぁと
思う今日この頃です。私なりに一周回って
ようやく原点に戻ってきました。

日本の文化を、その道のプロから楽しく学べる
輝和美倶楽部の公式ブログを書かせて
いただくことになったご縁に感謝します

講師の友田晶子さんと
輝和美倶楽部主宰の写真で
ご報告は終わりです。

P6171267

次回の開催予定は下記にてご案内いたします。
HP http://kiwabi.club/
Facebookはこちら
ご参加をお待ちしております


日本酒渾身の一滴 世界に誇る國酒のプライド [ 友田晶子 ]

りんごや桃などフルーティーな香りの
会津中将
このお酒がテイスティングの最初に
選ばれたのは、会場のルーツが
会津にあるからなのでした


福島県会津若松市の地酒 会津中将 純米吟醸 夢の香 720ml


司牡丹 船中八策 司牡丹酒造 日本酒 純米酒300ml


輝和美倶楽部とは…日本の文化を楽しみ、
体験できる場(クラブハウス)として
設立されました。
国際社会の中で日本人として恥ずかしくない
最低限の教養を身につけられる講座や
イベントが開催されています。
年会費、入会金がありますが、
初めての方は講座料金のみです。
まずは講座を体験し、
ご納得いただいたうえで
ご入会いただければと思いますウィンク
また、「特別企画」に参加すると、
年会費、入会金が無料になる特典が
あるのでそちらもお見逃しなく
HP
http://kiwabi.club/
Facebookはこちら

JUGEMテーマ:お酒

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • <口コミ投稿>和酒と料理のペアリング講座を受講しました!
    baila (10/26)
  • <口コミ投稿>和酒と料理のペアリング講座を受講しました!
    りょうはん (10/23)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM