五節句をマスターする 和モダンテーブルコーディネート〜七夕編〜

  • 2017.07.05 Wednesday
  • 18:23

P6281516

毎月第4水曜日は
輝和美倶楽部の和のお稽古事の日

P6281520

五節句をマスターする和モダンテーブルコーディネート
〜七夕の節句〜

5回連続講座の3回目。
参加者は全員リピーター。
すぐに満席になってしまった人気講座です

P6281506

前回、ほとんどみんな初めましてだったのに
仲良し女子会のように盛り上がったので…
今回はさらにわいわい楽しめるように、
ブースではなくてお茶室で開催。
始まる前から笑い声が絶えず大盛り上がり

講師は、茨木クッキングスタジオ
フードコーディネーターとティーコーディネーターを
されている、川村みちのさん。

講座はウェルカムドリンクでスタート。
とても暑い日だったので、きりっと冷たい飲み物で
体と気持ちをちょっとクールダウン

P6281522

カクテルをイメージして作られています。
使っているのはパイナップルジュースと
炭酸水と緑茶。
緑茶の苦みがアルコールを思わせます。
おいしいっ

前回のおさらい、
五節句についての説明はこちら

七夕は棚機とも書きます。
織女は機織りや針仕事を司る星。
牽牛は牛飼いで農耕を意味します。
農耕と星伝説が合わさり、今の七夕が誕生。
五節句の行事として庶民に広がったのが江戸時代。

笹は真っ直ぐに伸びることと、
葉が擦れ合う音が「神を招く」と考えられたため、
笹に飾りつけをするようになりました。

P6281529

「たなばたさま」の歌詞に「五色の短冊」
とありますが…何色のことでしょうか

P6281532

青、赤、黄、白、黒

P6281539

それぞれの色に意味があります。
これを知っていれば、
例えば短冊に願い事を書く時、
勉強に関する事なら智を司る
黒を選べます。
これぞ大人の楽しみ
子供達にも教えてあげられますね。

P6281550

この青、赤、黄、白、黒の五色を見て
ピンと来た方は
五節句をマスターしつつあるかも
端午の節句の吹き流しにも使われ、
邪気を払うとされる五色(青、白、赤、黒、黄色)です

P6281540

七夕には雨や水にまつわる伝承が数多くあり、
「祓い」と「水」と深くかかわりがあります。
七夕の1か月後の8月7日に行われていた七夕流しは、
五穀豊穣を祈り、お盆に入る前の準備として
災厄を水に流す禊の行事。
東北三大祭りのうち、青森ねぶた祭りと
秋田竿燈祭りは、「眠り流し」が起源です。
昔の人は、眠っているすきに病魔が入り込むと
考え、睡魔を退治する行事が行ったとか。



「ラッセラーラッセラー」という掛け声は、
「ろうそくを出せ!=夜中起きていて!=睡魔を祓う」
から来ているし、
秋田竿燈祭りの、連なる提灯の一番上には
「七夕」の文字が書かれています。
仙台の七夕祭りは、戦後の復興を願う意味合いが
強く、起源は異なるそうです。

衣替えや防虫対策が重なるこの時期、
和の香の文化についてもお勉強。

P6281543

自分の好きな香りをブレンドして、
匂い袋を作りました

P6281553

そのままではクセのある香りも、
ブレンドするとよい香りになり、
組み合わせの面白さを感じました。

さらにナプキンのたたみ方を2種類学び…

P6281563
P6281600

折ったナプキンと小物を合わせて
コーディネートの実践。

P6281570

コーディネートのポイント
笹や糸をイメージし、細い線が入ったグラス
夏らしく涼やかなガラスの器もよい
五色の白を基調に、さし色を入れる
織姫にちなんで、五色の糸を飾りに

P6281599

ほおずきや竹細工などで季節感をプラス

19578467_1401844496574357_1518579973_n

皆さんとっても素敵に仕上げていらっしゃいました。
ちなみに使われているお敷は白とシルバーの
リバーシブル。便利ですね
何度も講座に出るうちに、使い回しできる
アイテムが分かってきた気がします。
その道のプロが使っている道具は
理にかなっていて便利でしかも美しい
毎回間近で見られるのも講座の魅力です。


最後は季節のお菓子と冷茶をいただきました。

P6281602

水無月です。
(旧暦では6月を水無月と呼びますが、
「無」は「の」にあたる連体助詞「な」で、
「水の月」という意味。田に水を引く月
だったためこう呼ばれるようになりました。)
1年の折り返し地点の6月30日に京都で行われる
夏越祓の時に食べる和菓子

P6281607

白いういろうに小豆をのせたもの。
庶民にとって氷が貴重だった頃、
氷のかけらをかたどった三角形の和菓子が
作られるようになったのが始まりです。
和菓子には欠かせない小豆には
厄除けの意味があります。
もっちりしていて涼やかな甘さでした。

P6281604

もう一つは、そうめんの原型と言われる
硬い揚菓子。パッケージの下に「三輪茶屋」
とあります。「三輪そうめん」を
作っている会社ですね。
素朴な甘みと硬さに伝統を感じるお菓子でした。

七夕の食事については、
次の記事でご紹介します。
今回は料理もコーディネートも上手に
できるといいなぁ

それにしても、こんなに充実した内容で
講座料が¥5,400って…
いいのでしょうか…
次回はいよいよ最終回、
菊の節句について学びます。
8月23日(水)19:15スタートです。

輝和美倶楽部とは…日本の文化を楽しみ、
体験できる場(クラブハウス)として
設立されました。
国際社会の中で日本人として恥ずかしくない
最低限の教養を身につけられる講座や
イベントが開催されています。
年会費、入会金がありますが、
初めての方は講座料金のみです。
まずは講座を体験し、
ご納得いただいたうえで
ご入会いただければと思いますウィンク
また、「特別企画」に参加すると、
年会費、入会金が無料になる特典が
あるのでそちらもお見逃しなく
HP
http://kiwabi.club/
Facebookはこちら

10月には、会員限定ツアーを開催

P6281601

一般人はお金を出しても泊まれないと言われる
西村屋さんに宿泊し、大人の学びと遊びを楽しみます

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • <口コミ投稿>和酒と料理のペアリング講座を受講しました!
    baila (10/26)
  • <口コミ投稿>和酒と料理のペアリング講座を受講しました!
    りょうはん (10/23)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM